「ほっ」と。キャンペーン

ブログ「芋の気ままな生活」の管理者、芋が小説を置くためのブログです。コメントいただければ幸いです…。


by old-imo

A lIttle couRage 第三話 - 最後の晩餐 -

俺はいつものようにPCを付け、局長にバレないようにしながらインターネットを何をするでもなく徘徊していた。
アランに「今日は寒ぃな、おい」なんて話し掛けようとすると意外にもアランは仕事をサボって寝ていた。
真面目性なアランはいつも必ず会社の出勤時刻8時の一時間前には出勤していて仕事ぶりも至って真面目。そんなアランが今日は仕事をサボって寝ている。
「今日は嵐でも起こるかゾンビでも出るかな…」

予想は的中した。

俺が勝手にインターネットをしていたのが局長にバレて叱られたので仕方なく仕事に手をつけた。気が付けば夕方だ。もう帰る時間だな。
何の気なくちらっとアランのほうに目をやると、アランはまだ寝ていた。こんなに寝ててよくバレないな。
「おい、アラン。」
俺はアランを起こした。アランは眠そうに目を擦りながら尋ねてきた。
「ぅぁ…おい、今何時だ…」
「え、もう7時だが」
「え!?」
そこにいた全員がアランのほうをむいた。
同じ同僚のエリルがアランに聞いた。
「どうしたの?アラン。あなた今日ずっと寝っぱなしだったわよ。局長はいつもあなたは真面目に働いてくれてるから今日は許してやるなんて言ってたけど。」
気付いてたのかよ局長よ。
「あぁ…ちょっと昨日いろいろあってな。寝て無いんだ。」
「あら、大変ね。今日はゆっくり休んだほうがいいわ。」
「そうすることにするよ。」
アランは局長に事情を説明し了解を得てから俺達と会社を出た。
「なぁアラン、今日どこか食べにいかないか?」
俺が言う。
「ちょっとウェイン、今日はアラン疲れてるって言ってるでしょ。」
「じゃあエリル行くか?」
「仕方ないから付き合ってあげる。」
即答かよ。ツンデレなのはだいぶ前から知っていたが最近度を越してきたな。
俺達はアランと別れると俺の車に乗った。
「ねぇウェイン。最近ちょっと物騒じゃない?」
「そうか?俺はそうでもないと思うが。」
「今朝のニュースみた?人が殺されたってニュース。」
「人が殺されたなんて日常茶飯事じゃないか。」
「そんなこと日常茶飯事にあっちゃダメでしょ。」
「あ。そうか。」
などと会話を交わす。しかしエリルがこういった。
「そうじゃなくて!ただの人殺しじゃないやつよ!」
「そんなのあったっけか?」
「肩の肉がえぐれて死んでたってニュースよ。」
「あー。アレか。ニュースじゃなくて新聞で読んだ。」
「新聞かニュースかなんてどっちでもいいのよ。それが物騒じゃない?って聞いてるのよ。」
「確かに物騒だな。まぁでもここはニューヨークだし俺の住んでるところはペンシルベニアだぜ?はるばるこんなとこまで犯人が逃げてくるかよ。」
「そんなの分からないじゃないの。あなたみたいな人によってそういう事件に巻き込まれるのよ。むしろ巻き込まれてしまえばいいのに。」
「今日はツンか。」
「なんか言った?」
「いいや何も。」
俺はそういって会話を断ち切った。こいつと話してると疲れる。

そうこうしているうちに目的のレストランに到着した。そこで適当に話しながら酔ったエリルのカラミを避けつつ時間を気にしていた。
「もう10時か………」
「ちょっとどーしたのよーウェインー」
「はいはい。もう帰るぞ。」
「えー。もっと話したいよー。」
「今日はおしまい。また今度な。」
「嫌だー嫌だー!ウェインと一緒にいたいー!」
レストランの中にいる大半がこちらを冷ややかな目で見つめている。早いとこ帰らないとな。
俺はエリルの分の金も出すとエリルを車に乗っけて俺の家に向かった。こいつの家は俺の家とは正反対だからわざわざ届けるのも面倒なので俺の家に泊めることにする。

「まったくどこのお人好しだよ。俺は。」
「えー?なんか言ったー?」
独り言なのかエリルに話しかけていたのかわからないがそういうと俺はため息を付いた。
[PR]
by old-imo | 2009-12-19 18:18 | A lIttle couRage