ブログ「芋の気ままな生活」の管理者、芋が小説を置くためのブログです。コメントいただければ幸いです…。


by old-imo
それはある夏の事――――。

「………」
そこはとある昔、一家心中で廃墟になった豪邸だった。
彼女は夕焼けが差し込む窓辺でひっそりと佇んでいた。
うっすらと聞こえる甲高い子供の声。きっと学校帰りの子供のものだろう。
「…どうして…?」
彼女は誰に問いかけるわけでもなく、ただポツリと呟いた。
そんな少女を嘲笑うかの如く、近くの鳥居の上にいたカラスが一つカー、と鳴いた。


「―――すみませんでした!」
「全く…もういい、下がれ」
この時期になると必ず慌ただしくなる冷房が利きすぎて少し肌寒いこのオフィスで俺は上司に叱られているところだった。
「おい、大丈夫か?」
「あぁ、だけどやっぱりこんなちっせぇ事であんなに言わなくてもいいのになぁ?」
「まぁ、仕事だし仕方ないんじゃねーの?ポカしたのはお前だし」
「そうなんだけどさぁ…」
同僚の大宮悟は入社してから間もなくして打ち解けた仲だ。今年で5年目になる。
ふと悟のデスクを見ると奴はエロサイトを巡回している最中だった。こいつ…
呆れているとどこからともなく部長が現れた。視界の端で悟が慌てているのが見える。
「谷口君、ちょっといいかな?」
「…? はい。」
部長が名指しで呼び出しをするときは基本的にあまり良いことではない事が多い。俺はまた何かやらかしたかなぁと思い当たる節を必死で捻り出していると部長の口から意外な言葉が飛び出した。
「休暇、取らんかね?」
「え?」
周辺にいた人が全員と言っていいほどこちらを振り向いた。驚きを隠せない様だったがそれも一瞬で直ぐに仕事へと向き直った。
「こんな忙しい時期で何なんだが、休暇という名の出張だ。」
「…はぁ。」
理解が出来なかった。休暇と言う名の出張?
「あぁ、勿論有給ではないよ。ただ、行き先の関係でそうなってしまうだけなんだ」
「どういうことです?」
「君の故郷は岩雨村だったね?」
「そうですが…それが何か?」
「そこで少し私の知り合いの手伝いをしてほしいんだ」
「はぁ。」
半ば理解が追い付かないまま自分のデスクへと戻った。
「なんだか様子がおかしかったが何かあったのか?」
話の途中で呼び出された続きだといわんばかりに悟が話を振ってきた。
「いや、それが…」
かくがくしかじかを話すと悟は批難するような口ぶりで
「なんだよそれ。お前だけおいしい思いするじゃねーかよ。俺も連れてけよ」
「知るかよ、頼まれたのは俺なんだから」
悟は尖らせた口を缶コーヒーの飲み口に当てて一気に飲み干すとPCの電源を落とした。ちょうど定時だった。
こいつのこういう時の速さは誰にも負けないんじゃないだろうか。そう思っていると俺は再び部長に呼び出され、向こうでの仕事の内容、場所、その他詳細などを聞かされた。
付け加えて一言、
「あぁそうそう、明日からよろしくね」
と今日の夕飯の希望を伝えるかのように軽く言い放たれた。あまりにも軽過ぎて俺も快く承諾してしまった。
「…え?」
「本当、急で悪いね。それじゃ!」
部長は颯爽と去っていった。何なんだ一体。

帰宅した俺は一先ず明日からの急用に備えてトランクに荷物を詰め込んでいた。
「よし、と」
ちらっと視界に入った某アダルト本が気になったがそんな気分ではなかった俺は一つだけ余っていたバウムクーヘンのかけらを口へ放り込むとちょうどテレビの天気予報が流れていたところだった。
「明日の近畿地方の最高気温は36度で湿度も高いため非常に蒸暑い日になるでしょう。熱中症に気をつけてください」
「もう夏とはいえまだ6月入ったばかりだぞ…」
一人でぶつぶつと自然の摂理に抗いながら水を飲み、明日に備え俺は部屋の電気を消して早めに床に就いたのだった。

翌日――
目覚めた俺はいつも通りスーツを来て出勤しようとしていた。
「…あー」
思いだした。今日から実家だった。
急いで私服に着替えトランクを持って家を出て、鍵をかけ忘れた事を思い出して戻った。
1ヶ月か。結構長いかもな。
長いようで短い俺の"夏休み"は始まった。
[PR]
# by old-imo | 2012-08-09 10:37 | 幽霊屋敷の首吊り少女

ある夏の昼下がり。

これはある夏の日のことである。

今年で二年になる大島虎彦は今日も授業中に寝ていた。
むしろそれがデフォルトになっていて誰も不思議には思わなかった。

「…大島。おい、大島。」
「うぅ………ん?」
周囲からの視線が虎彦に集まる。状況を理解して虎彦は少し苦笑いしてから
「き…昨日寝るのがちょっと遅くなっちゃって…」
「いつものことだろうが」
先生のきつい突っ込みが入り小さくなる虎彦。
そのやり取りを見たクラスメイトの一人が笑い、そして次々に笑いを堪えられなく
なった生徒たちが笑う。

窓の下に見える学校のプールには一年生が水泳授業をやっている。バシャバシャと
水をかきわけている音が虎彦のいる教室にまで届いていた。よく見ればその中に峻も
いるようだった。

―――夢で見たあいつの姿。久しぶりにあいつの夢を見たような気がする。
もう顔を合わせなくなってからしばらく経つが、連絡は無い。そろそろ夏休みに入るし
連絡してみようか?―――

そんなことを考えながらぼんやりと太陽が照りつけるプールサイドを眺めていた。
少し視線を上にずらすと目を背けたくなるほど強い光を放つ太陽と、雲一つないまさに
「晴天」という言葉がぴったりの青々とした空が広がっている。

ふぅ、と姿勢を直し授業が始まってから一度も開いていないノートを開き、ペンを取り出した。黒板に文字を書く音が響く教室で虎彦は適当に板書を取っていた。

頬杖をついて窓から空を見つめながら虎彦はこう呟いた。

「あいつ、元気にしてるかな…」
[PR]
# by old-imo | 2011-04-06 01:11 | 漏れなつ。

漏れなつ。プロローグ

それはある夏の出来事だった。

漏れは毎年のごとく自室のベッドの上で毎日寝て過ごしていた。
というのも漏れは特にこれと言った趣味を持っているわけでなく、学校のクラブなどにも参加していないだけあって毎日が暇なのだ。
「暇だなあ…」

そんな退屈な毎日を過ごしていたある日、手紙が届いた。
こんな時代に手紙だなんて相当アナログだな…。
その手紙には読めるか読めないかギリギリの汚い字でこう書かれていた。
「よお、元気か。俺はあいかわらずだ。みんなもお前にあいたがってるぞ。たまには帰ってこいよ。まってるぜ。」
一瞬幼稚園児の書いた手紙かと間違いそうになる内容だが、相手はれっきとした高校2年である。
「にしても、字へたすぎだろ…。それにもっと他に書くこともあるだろうに。…でもアイツらしいや。」
漏れは少しの間考えた。少しと言ってもほんの一瞬だが、漏れの「故郷」についてである。
「…帰ってみようかな。」
気がつけばバスの中にいた、と言っても過言ではないだろう。それくらい早く決断した漏れは手紙をベッドの上に放り出し、身支度をして親に帰郷する旨を伝え、さっさと家を飛び出していた。

肌寒い程冷房の利いたバスの窓から見える風景はまだ都会の雰囲気がある街並みが続いていたが、しばらくすると周りはほとんど山だけになってしまった。
「うう、それにしても寒いな。なんで田舎の乗り物は冷房をキンキンにかけるんだろう…」
しかし、凍えてしまいそうなくらいな体温とは裏腹に漏れの心の奥底は熱く高鳴っていた。
「みんな元気かな。話ではみんな同じ学校に進学したって聞いたけど、会いに行こうなんて全然思いつかなかったな…」
もっと早く帰ってこればよかったな、と少し後悔していた時、バスは目的地にまもなく到着する合図を告げた。
「まもなく、水郷村、水郷村。お降りの方はお近くの停車ボタンを押してください。」

…後1分、いや、数十秒で故郷に帰れる。
嬉しいようなウキウキするような、しかしなんだか恥ずかしいような気分がいろいろと混ざった変な気分だ。

--------早く。早く。もう待てないよ・・・------------------

第1章に続く。
[PR]
# by old-imo | 2010-09-18 21:48 | 漏れなつ。

メルト -想い-

朝目が覚めるといつも真っ先にあなたのことを思ってしまう。
「何で?」
君はニヤニヤしながら尋ねる。
「いや…なんでって…」
この日はこんな他愛もない会話をして君と別れた。その後思い切って前髪を切ろうと思っていた。君に「どうしたの?その髪型。」って聞かれたくて…

-----翌日。

この日は君とデートする日。ピンクのスカートをはいて、花がついている髪飾りをして出かける。
私は心の中で思っていた。

今日の私はかわいいのよっ!

「昨日、朝目が覚めたら真っ先に君の事を思っちゃうって言ってたよね?」
私は言った。
「ん?…う、うん。それがどうかしたの?」
…やっぱり言えない…「好きだから」だなんて…。
「顔真っ赤だよ」
君は笑いながら言った。そんなときも目をあわせられずにいた。
君のことが好きだから…。

昨日の天気予報が嘘をついた。今日は土砂降りだ。
君は店の中で私を待っていた。私はカバンの中にいれっぱなしにしてあった折り畳み傘をカバンに仕舞う。
「今日土砂降りだな」
君は少しぬれた髪をいじりながら不機嫌そうに言った。
「うん。これだけ降ってたら今日は遊園地無理かな…」
「…よしわかった。そこまで言うなら行こう!」
…そこまでも言ってはいないけど行きたかったのは事実だった。
いつもの店を出ると君は傘を持ってくるのを忘れたと呟いた。
「あー、どうしよ。家に忘れてきちゃった。ここ来るときは晴れてたのになぁ。」
君はさらに不機嫌そうになる。
「…じゃあ私の傘入れてあげるよ。」
この一言を言うのも結構勇気がいることだった。
「えー…」
この言葉を聞いて私は少し緊張した。だが君はすぐに
「しょうがないから入ってやるよ」
と、笑いながら言った。
「しょうがないって何よ!じゃあもう入れてあげないもんねー!」
と私が言うと君は
「あー嘘嘘!入れて入れて!」
なんていうのだった。

そのとき、何が起こったのかわからなかったがとりあえず一つだけ分かったことがある。
恋に落ちる音がしたのだった。
あいあい傘をしながら遊園地まで向かう。その間私は息が詰まりそうだった。傘を一緒に持ってるときに君に触れている右手がブルブルと震えている。緊張していた。胸もかなり高鳴っていた。私はそこで気づいたのだった。
君を捕まえるまでにはもう手を伸ばせば届く距離まできている。
「どうしよう…」
つい声に出してしまった。
「え?」
雨の音で聞こえなかったみたいで運が良かった。

遊園地で散々遊び-----と言っても雨の中でいろんなものを見たり室内アトラクションに入ったりだが-----最後に観覧車に乗った。二人だけの空間なので、ここでプロポーズするカップルも少なくない。
私は君が好きなことを態度に表していた。隣の席でベッタリとしたりとか、ボディタッチしてみたりとか。そこで私は思っていた。
「この想い、君に届いてるかな…?」
それと一緒に時間を止めて欲しかった。なんだかわからないけど泣きそうだ。でも逆に嬉しすぎて死んでしまいそうでもあった。

…それは言いすぎか。

そして君は沈黙の中で口を開いた。
「あのさ…」
「何?」
「実は…俺外国に留学することになったんだ…。」
私は絶句した。そんなこと急に言われても…
「ごめん!今まで内緒にしてて。本当は少し前から決まってたことなんだ。」
私は口を開いたまんま硬直する。よほど馬鹿らしい顔をしていただろう。
「実は…明日出発するんだ。」
二人だけの空間は一気に深い海底のように静かな暗い雰囲気になった。

観覧車を降りて、家に帰るときが来た。君と私の家は完全に反対だから駅で別れることになる。
もう少しで駅についてしまう。今別れるともう君には会えない。明日からは君はもういない…。
近くて遠いこの距離。どうにかして縮めたかった。そして思いついたのが「告白」だった。
そして私はこういった。
「ねぇ、手、つないでもいい?」
「いいよ。」
傘を持ちながら手をつなぐ。このときはもう緊張はしていなかった。
駅につくと君は「それじゃあ」と言った。私は心の中でもうバイバイしなくちゃいけないのか…と思っていた。
そして私はこういった。
「ねぇ、今すぐ抱きしめて。」
「え?」
「…なんてねっ」
「ははは…」
そのうち、君が乗る電車が駅のホームに到着し、君は電車に乗り込んだ。
「またいつか、帰ってきたときは…そのときは…」
君は言葉をそこで切り、私は小さく頷いた。
最後に君は優しく微笑むと、電車のドアが閉まった。
君が乗った電車はもう見えなくなり、私はしばらくその場に佇んでいた。
雨はすっかり晴れており、沈みかけの夕陽が街並みを赤く染める。
そんな中で私はこんなことを思っていた。


-----遠まわしな私の告白、君に届いたかな…?
[PR]
# by old-imo | 2010-07-24 22:58 | 短編集
俺はいつものようにPCを付け、局長にバレないようにしながらインターネットを何をするでもなく徘徊していた。
アランに「今日は寒ぃな、おい」なんて話し掛けようとすると意外にもアランは仕事をサボって寝ていた。
真面目性なアランはいつも必ず会社の出勤時刻8時の一時間前には出勤していて仕事ぶりも至って真面目。そんなアランが今日は仕事をサボって寝ている。
「今日は嵐でも起こるかゾンビでも出るかな…」

予想は的中した。

俺が勝手にインターネットをしていたのが局長にバレて叱られたので仕方なく仕事に手をつけた。気が付けば夕方だ。もう帰る時間だな。
何の気なくちらっとアランのほうに目をやると、アランはまだ寝ていた。こんなに寝ててよくバレないな。
「おい、アラン。」
俺はアランを起こした。アランは眠そうに目を擦りながら尋ねてきた。
「ぅぁ…おい、今何時だ…」
「え、もう7時だが」
「え!?」
そこにいた全員がアランのほうをむいた。
同じ同僚のエリルがアランに聞いた。
「どうしたの?アラン。あなた今日ずっと寝っぱなしだったわよ。局長はいつもあなたは真面目に働いてくれてるから今日は許してやるなんて言ってたけど。」
気付いてたのかよ局長よ。
「あぁ…ちょっと昨日いろいろあってな。寝て無いんだ。」
「あら、大変ね。今日はゆっくり休んだほうがいいわ。」
「そうすることにするよ。」
アランは局長に事情を説明し了解を得てから俺達と会社を出た。
「なぁアラン、今日どこか食べにいかないか?」
俺が言う。
「ちょっとウェイン、今日はアラン疲れてるって言ってるでしょ。」
「じゃあエリル行くか?」
「仕方ないから付き合ってあげる。」
即答かよ。ツンデレなのはだいぶ前から知っていたが最近度を越してきたな。
俺達はアランと別れると俺の車に乗った。
「ねぇウェイン。最近ちょっと物騒じゃない?」
「そうか?俺はそうでもないと思うが。」
「今朝のニュースみた?人が殺されたってニュース。」
「人が殺されたなんて日常茶飯事じゃないか。」
「そんなこと日常茶飯事にあっちゃダメでしょ。」
「あ。そうか。」
などと会話を交わす。しかしエリルがこういった。
「そうじゃなくて!ただの人殺しじゃないやつよ!」
「そんなのあったっけか?」
「肩の肉がえぐれて死んでたってニュースよ。」
「あー。アレか。ニュースじゃなくて新聞で読んだ。」
「新聞かニュースかなんてどっちでもいいのよ。それが物騒じゃない?って聞いてるのよ。」
「確かに物騒だな。まぁでもここはニューヨークだし俺の住んでるところはペンシルベニアだぜ?はるばるこんなとこまで犯人が逃げてくるかよ。」
「そんなの分からないじゃないの。あなたみたいな人によってそういう事件に巻き込まれるのよ。むしろ巻き込まれてしまえばいいのに。」
「今日はツンか。」
「なんか言った?」
「いいや何も。」
俺はそういって会話を断ち切った。こいつと話してると疲れる。

そうこうしているうちに目的のレストランに到着した。そこで適当に話しながら酔ったエリルのカラミを避けつつ時間を気にしていた。
「もう10時か………」
「ちょっとどーしたのよーウェインー」
「はいはい。もう帰るぞ。」
「えー。もっと話したいよー。」
「今日はおしまい。また今度な。」
「嫌だー嫌だー!ウェインと一緒にいたいー!」
レストランの中にいる大半がこちらを冷ややかな目で見つめている。早いとこ帰らないとな。
俺はエリルの分の金も出すとエリルを車に乗っけて俺の家に向かった。こいつの家は俺の家とは正反対だからわざわざ届けるのも面倒なので俺の家に泊めることにする。

「まったくどこのお人好しだよ。俺は。」
「えー?なんか言ったー?」
独り言なのかエリルに話しかけていたのかわからないがそういうと俺はため息を付いた。
[PR]
# by old-imo | 2009-12-19 18:18 | A lIttle couRage