ブログ「芋の気ままな生活」の管理者、芋が小説を置くためのブログです。コメントいただければ幸いです…。


by old-imo

レオンの一日

レオンの一日

俺は某エージェント事務所に勤めている、それなりに、いや結構優秀なエージェントだ。ミッションの収入もそれなりな額だ。俺は今日もその事務所に勤めている。

事務所に着くと、同僚のクリスが先に来ていて「よう。」などと挨拶を交わした。
俺は席に座ると、まずパソコンを起動した。コレには大事なデータが入っている。俺の今までの実績も、アシュリーのパンt…いや、なんでもない。
俺はミッションの依頼が来るまでクリスと雑談などをしながらブラックコーヒーを飲んでいると、事務所の所長のマーシーが入ってきた。
「おはよう、マーシー。」
「ああ、おはよう。」
そんな淡々な会話を交わした後、マーシーはパソコンを立ち上げ、特に意味も無くネットサーフィンをし始めた。まぁそれが俺の事務所の日常なのだが、その日常を覆す'厄介者'が現れた。

ある男が事務所のドアをコンコンとノックするとしばらく間をおいてから躊躇無く入ってきた。
男は俺たちと目が合うと、ソファの前に立って一礼してから、「座ってもいいでしょうか?」とたずねてきた。
「あ…はい、どうぞ。」
とマーシーが返すと、男は持っていたカバンをソファの下においてから、おずおずと座った。
おずおずとしたり躊躇無く行動したり訳のわからない男だ。
男はマーシーをその傍に立っている俺たちを一度見渡してから、用件を話し始めた。
聞くところ人探しの依頼らしい。男は用件を話し終わった後、ハッとなったようにカバンを漁り始め、中から名刺ケースを取り出して名刺を俺たちに渡した。名前はブラウンと言うらしい。なかなかな名前だ。
ブラウンは探してほしい人の名前を言うとすごすごと帰っていった。
その人の名前は「レオン・S・ケネディ」と言うそうだ…。って俺じゃねぇか!
ブラウンの話を聞いている最中ブラウン全員が俺のほうを向いた。そのときに言うべきなのかみなとまどっていたのだろう。
「ど…どうしよう…」
マーシーが言った。いや、俺だってどうしたらいいかわからないさ。もしかしたら相手の目的が俺を殺すことだったりするんだし、どうしたものか…。
しばらくの沈黙が流れた後、クリスが携帯を取り出してブラウンの名刺をマーシーからひったくった。
何をするのかと見ているといきなりブラウンに電話し始めた。まあ予想はできていたが何をするつもりだ。
俺が止めようとした瞬間クリスは鋭い目で俺を見た。…クソッ、こいつと戦ったら絶対殺されるな…。
仕方なく見ているだけにしているとクリスがしゃべり始めた。
「あ、ブラウンさんですか?はい、エージェント事務所のクリスと申します。あ、はい、そうです、マーシーの左にいた男です。本題ですが、レオンという男が見つかりまして、…はい、本当です。今すぐ事務所に来て下さい。はい、わかりました。それでは。」
ピッ。
クリスが携帯を切った。いったい何しやがるこの男。俺がクリスをまじまじと見つめていると
「まぁなんとかなるんじゃないの?お前エージェントだろ。自分でなんとかしろよ。」
などとまるで他人事のようにマーシーが言い出した。なんで他人事なんだよ、じゃあお前が行けよ。
「やだね。これはお前の問題だ。」
誰がお前の問題だ。…畜生、運が悪いなぁ俺って。
するとドアを開けてブラウンが入ってきた。
「レオンがいるって本当ですか!?」
かなり興奮しているようだ。あまりの気迫に少し引いてしまった。
「は…はい。実は…この男こそがレオンです。」
「えぇッ!?」
まさに世紀の瞬間が訪れたときのようなリアクションをしやがる野郎だ。どう考えても大きいだろ。
「ちょ…ちょっといいですか…。」
「は…はい…。」
俺はブラウンのところへ行くとヒソヒソ声でしゃべり始めた。
「俺だよ、俺。アレックス。」
「えっ!!??」

それこそが世紀の瞬間だったのかも知れない。

END
[PR]
# by old-imo | 2009-03-22 17:55 | 短編集

希望

Hope4
マンホールへ避難した私たちは少し休憩を取った。ずっと走りっぱなしだったため私やジェニーが息を切らしていた。
「はぁ・・・はぁ・・・」
私は息を切らしながら暗い辺りを見渡した。暗くてよく見えなかったが何かが動いている。
「ねぇ。あそこ何か動いてない?」
私がレオンに尋ねた。
「ん?なにも動いていないじゃないか。」
と、レオンは言った。が、確かに何かが動いている。・・・ゾンビか?
私は待っててと言って動いているものに近づいた。・・・人だ。
「すいません・・・」
と私は声をかけた。その男はゆっくりと振り向き
「あああ・・・あんた誰だっ!あの不気味なやつらの仲間か!こここ・・・殺してやるぅぅぅ!」
と怯えた顔をして近づいてきた。ヤバい!このままじゃ殺されてしまう!そう思った私は来た方向に向かって全力で走り始めた。
男は奇声を発しながらこっちに走ってきた。私のほうが足が速い!男はだんだんと離れていった。
だが安心したのもつかの間、男はまた全力で走ってきた。レオンたちのところに着くとレオンはびっくりしたような顔つきで
「あ・・・」
と言った。・・・どうしたんだろう。
すると男もレオンと視線が合うと
「あぁ・・・」
と言って奇声を発するのをやめた。・・・知り合いか?
「ど・・・どうしてこんなところに・・・」
とレオンが聞いた。
男はさっきまで奇声を発していたため枯れた声で
「お前こそ」
と言った。やはり知り合いのようだ。


「あの・・・どういう関係?」
と私が聞いた。ジェニーとカイルもぽかんとした顔で二人を見ている。
「いや、俺たちはエージェント養成学校の同期で友達なんだ。俺がエージェントになった後こいつは警察になったとか聞いていたが・・・」
すると男は
「ああ。そうだったよ。5年前まではな。」
と呟いた。レオンが不思議そうな顔で男を見つめた。
すると私たちが入ってきたマンホールが開いた。このままじゃ危ない。みんながそう察して一斉に路地を走り出した。
走りながら男と話をした。
「あなた、名前は?」
「俺か?俺はレオンの友達・・・ってのはさっき言ったな。俺の名前はアレックス。ガンスミスをやってる、今はな。
さっきはすまなかった。危うくゾンビに殺されそうになったからな。気が立ってたんだ。」
「それはいいわ。気にしないで。でもなぜ警察を辞めてしまったの?」
私はみんなの疑問を代表として聞いた。男は少し間を空けてからこう言った。



「でっち上げられたんだよ。」



「え?・・・」
みんなが不思議に思った。
「俺はいつも警察署に電車で通勤してたんだ。でもある日触っても無いのに一緒に乗ってた女が痴漢にでっち上げたんだ・・・。
・・・でも俺は見たんだ!あの女が満足そうに不気味な笑みを浮かべていたのをな。」
その場にいた皆が同情した瞬間だった。まさに「悪魔」だな・・・。
そんなこんなで通路が分かれたところへ着いた。
「・・・どうする?」
レオンが聞いた。するとみんなは私を見て、
「貴女が決めて。ケイト。」
と言った。あまりにもみんな勝手すぎる。
「え!?私?」
「ああ。この中で一番この辺の地域に詳しいのはお前だからな。」
「うーん・・・じゃあ右で。」


このときの選択は正しかったのかどうかは今となってもまだわからない。そう。「地獄」でもあったし「天国」でもあったから・・・。
                                    Hope4 End
[PR]
# by old-imo | 2009-02-20 20:09 | 希望

希望

ope3 1page
地下を進んでいくと梯子があった。・・・出口だ・・・!
少し脱出の手立てが見えたような気がしてならなかった。私たちには・・・レオンがいる!
そう思っていた私が甘かったのだ・・・レオンにばかり頼ろうとするから・・・



梯子を上って出てきた先は近くに学校がある通りのマンホールだった。
レオンはここに来て間もないのか、この辺りの道について簡単に説明した。
するとレオンはまず学校へ行こうと言った。確かにそれは私も賢明な判断と思う。逃げ口がたくさんあるしね。
学校内は薄暗く、人の気配がまったくしなかった。強がりな私だが実は幽霊が怖くて仕方ないのだ。
ジェニーとカインは平然とした顔で学校内を歩いている。前からレオン、私、ジェニーとカインの順で学校内を探索していた。するとジェニーがこんなことを言った。
「・・・ここにいてはいけない気がする・・・早く戻りましょう!レオン!特にこの部屋から嫌な雰囲気が漂ってるの・・・気味が悪くて仕方がないわ・・・」
と言って廊下の先のドアを指差した。私たちには何も感じられず大丈夫だと言って軽く流した私たちが愚かだった。その先にはとんでもない「恐怖」が待っていたのに・・・。



レオンはハンドガンを取り出して部屋の中をこっそりと覗き込んだ。するとレオンは顔をしかめて、
「・・・?なんかすごくキツイ匂いがする・・・そう。硫酸みたいな・・・」
と言った。そんなはずがあるわけないと私が言うと部屋の中から女性の悲鳴が聞こえた。
私たちは部屋の中の安全を確認してから部屋の中に入った。部屋の中は美術室で、ある程度広くたくさんの絵や彫刻が飾られていた。
そんな部屋の中に異様な雰囲気を醸し出すドアがひとつあった。私は恐れ知らずドアを開けてみるときつい硫酸の匂いとともにものすごい光景が目の中に飛び込んできた。
たくさんの女性が硫酸によって顔面をグチャグチャにされている。しかも硫酸をかけられた後に何かで弄り回した跡がある。あまりに酷すぎて息をすることすら忘れていた。
・・・この世のものとは思えない残酷さだったから・・・
                       Hope3 1page END

Hope3 2page
レオンはそんな残酷な光景を見てこう呟いた。
「・・・ゾンビの仕業だな・・・」
私はゾンビという言葉は聞いたことがなかったので詳しく聞いた。・・・聞いて見ると骸のことらしい。
レオンは骸・・・いやゾンビのことについて話しはじめた。
「ゾンビはアンブレラという表の顔は製薬会社で裏の顔は生物兵器を作り出す凶悪な大企業が作り出したT-ウイルスというウイルスに感染しちまった
被害者なんだ。元は人間・・・あれが人間だとは思えないだろ?T-ウイルスに感染してしまうと体中の肉が腐り落ちてただ食欲を満たすだけに動く
ものになってしまう。しかも胃液はなにか、ものを食べても一瞬で溶かしてしまうほど強力な胃液になってしまうんだ。この人たちはその胃液を顔面にかけられて
殺されたんだろう。あと、肩のほうも食いちぎられてるだろ?ゾンビは生肉が大好物で特に生きた人間の肉がほしいみたいで襲ってくるんだ。」
やはりエージェントだ。このくらいは知っておかなければならないのか・・・と感心しながら話を聞いていると窓ガラスを割ってゾンビが入ってきた。
その数は絶望的で軽く20体は超えているだろう。いくらなんでも20対4じゃ対処のしようがない。逃げるぞ、とレオンがアイコンタクトで話して顔面がグシャグシャになっている人たちの
横を通ってもうひとつの出入り口から美術室を後にした。



美術室を出て私が
「とりあえずここから逃げましょう!このままじゃ囲まれておしまいだわ!」
と言った。レオンはわかっている。と言うようにうなずいて校庭に出た。すると校門はゾンビでいっぱいになっており後ろからもゾンビが来ている。どうしようもないときカインが
「あそこにマンホールがある!」
と言って校舎近くの木のあたりを指差した。確かによく見るとマンホールがカモフラージュされている。
カインの言うとおりマンホールに向かって走り出したそのときだった。レオンがゾンビに襲われている!何とかしなくちゃ!そうだ、銃!馬鹿か私がこんな距離でゾンビだけ打ち抜くなんて無理だ!
どうしようか迷っているとき発砲音が聞こえた。



バン!


「きゃっ!」
銃声と同時にジェニーがしりもちをついた。どうやらジェニーがゾンビを撃ったようだ。ちゃんとゾンビだけを打ち抜いている。すごい腕前だ。
だが、しりもちをついてしまうのも無理はない。こんな年頃の女の子に銃なんて撃てるはずがない。
レオンが立ち上がりジェニーに
「ありがとう、助かった。さぁマンホールへ急ごう!」
と言った。幸いマンホールは簡単に開き、マンホールの中へ非難した私たちだった・・・。
                             Hope3 END
[PR]
# by old-imo | 2009-01-30 22:06

希望

Hope2
ウィルから銃をもらった私はまず最初に警察署へ向かった。・・・生存者がいればいいんだけどね。
警察署はこの町の中心地にある。・・・囲まれたらおしまいだ。
警察署に向かう途中にはたくさんの人の<骸>が、いた。運がいいのかこちらには気づいていないようだった。


警察署内へ入ると広々とした空間があった。警察署にしては無駄に広い、と思うほどだ。
まず、最初に奥の部屋へ向かったが鍵がかかっている。どうにも開けられそうにない。
次々と部屋を回ったが鍵が開いている部屋はなく、ただ呆然としていた時にある部屋の鍵が開く音がした。
(だれか生存者が・・・!?)
期待を膨らませながらドアへ向かうと入り口のドアが開く音がした。・・・骸だ・・・。
私はホルスターにしまってあったハンドガンのことを思い出し、ホルスターに手を伸ばしてハンドガンを骸に向かって突きつけた。
骸は怯むことなく私に近づいてくる。恐怖に駆られながらも撃った弾は丁度、骸の額にクリーンヒットし一撃で撃退に成功した。
・・・私にはどれだけの長い時間が流れたように思えただろうか。初めての戦闘で心臓がドキドキしているのに今はじめてわかった。
さっきドアの開く音が聞こえたことを思い出して入り口のドアの鍵を閉めてから開いた音のしたドアへ向かった。


ガチャリ・・・


ドアを開けると2人の少年と少女が部屋の端っこのほうで座りながら抱き合っていた。きっと怖かったのだろう。
年齢はざっと13~15だろう。少し顔に幼さが残っている。
私は安心させるようにこう言った。
「もう大丈夫よ。私はケイトというの。よろしくね。貴方たちを助けに来たんじゃないけど一緒にこの町から脱出しましょう。」
二人は安心したのか軽くため息をついてから立ち上がった。
「俺はカイン。一応だけど銃持ってるぜ。」
と少年のほうが自己紹介して、手に持っていた銃を見せた。・・・こんな銃どこから持ってきたのだろう。かなり大きい。こんな子供が持つ銃じゃないだろうに。
そして少女のほうも少し口篭りながらも自己紹介した。
「・・・私はジェニーっていうの・・・よろしく・・・」
と言った。彼女も銃を持っていて少年よりは小さいサイズの銃を持っていた。
「実は俺たち付き合ってるんだ。デート中にこんなことになってしまって・・・」
少年は悲しそうに言った。
「お母さんたちは?」
と、私は尋ねた。
すると少女がこういった。
「私もカインも孤児なのよ・・・まだ小さい時に親に捨てられたところを孤児院に拾われたの。・・・」
彼女は深い悲しみの色をした群青の瞳の視線を床へ背けた。
悲しい思いをしてきたのだろう・・・と心の底から思った。
「とりあえず、ずっとここにいても危ないだけだわ。どこかへ逃げましょう。」
と私は冷静に言った。冷静な判断が命を救うと思ったからだ。
私は私の指示に従って行動するように二人に言った。
するとジェニーが小さな鍵をポケットから出した。
「これ・・・この部屋の机においてあったの。」
そういって私に手渡した。・・・こういうときは心強い。
私は鍵を確認した。・・・ルビーが埋め込まれている。確かホールのドアを調べたときにルビーが埋まったドアノブがあったような・・・。
私たちは行動に出た。ホール中を探して、ルビーが埋まったドアノブを探してと二人に頼んだ。



私の記憶どおりやはりあった。鍵を差し込むとガチャと鍵が開く音がした。これで少しは希望が見えた。
部屋の中に入ると部屋の中は異様なほどに血が散乱していた。その周辺には鋭いツメのようなもので引き裂かれた警察官が死んでいた。
あまりに残酷で3人は言葉を失った。
「とりあえず、この部屋の捜索してみるか・・・」
カインが言った。彼の言うとおり、探さないと何も始まらない。
私たちは頷くと捜索を開始した。しばらく捜索しているとカインが何か見つけた様子で窓の前に立っていた。
私が気になってカインの方へ向かうと現実のものとは思えない光景が広がっていた。
・・・緑色の怪物が人を引き裂いていてその人間の内臓をえぐり出しているのだ・・・
残酷の度合いがあまりに高すぎて一瞬倒れそうになった。この光景をジェニーに見せないため、窓のカーテンを閉めた。
するとジェニーが何かを見つけたようだった。
「ちょっと~。ケイトー。」
「なに?」
私は彼女のほうへ向かうと彼女は本棚を見つめていた。
「・・・本棚がどうかしたの?」
私にはただ普通の本棚にしか見えなかった。だがジェニーはかなり鋭い洞察力を有しているようだ。
「この本棚、ちょっとほかの本棚と比べて浮いているのよ。」
彼女は隣の本棚を見つめて、
「やっぱり・・・」
と呟いた。言われてみればそんな気がする。
「よし。じゃあ三人で本棚をどけましょう。何かわかるかも知れないわ。」
と私が言った。窓の前で直立していたカインも気を取り戻したかのようにハッとなって頷いた。
三人で協力して本棚を動かすとそこにはマンホールらしき地下に通じる四角のふたがあった。
開けると地下に繋がっていてはしごが架かっていた。



私から順に地下に降りていって地下の中へ入った。・・・案の定地下は真っ暗だったが少し進むと電気がちらちらついていた。
「・・・ちょっと待った。なんかうなり声しない?」
とカインが言った。・・・聞こえる・・・骸の声が・・・
私たちは銃を構えると声のする方へ向かった。やはり骸が通路を徘徊していた。
私は銃を骸に向かって撃った。さっきのようにうまく額に当たるはずもなく、骸の顎の辺りに当たった。それでも怯むことなく骸は近づいてくる。
するとカインが骸に向かって発砲した。弾は額にクリーンヒットし、ドスンッと鈍い音を立てて骸は倒れた。
「へぇ。上手じゃない。」
私はカインに言った。
「へへ。うまいだろ。実は俺の父さんは軍隊のスナイパーだったらしいぜ。」
と言った。~らしいぜ。というところが悲しいが、それならば射的がうまいのも当たり前だ。これぞ遺伝子パワーというのかな。
するともうひとつの道のほうからまた骸が来た。しかも3体だ。
今回は私も弾を節約していくわけにもいかないので、全弾撃ちつくし、ウィルからもらっていた予備のマガジンを使った。
・・・カイルはやはり銃の扱いがうまい。3体のうち2体は額に当てて殺している。
そのうちの一体がなかなか死なず、さすがのカイルも疲れていた。すると、


パーーン・・・


私たちが通ってきた道からライフルで撃つ音が聞こえた。てこずっていた骸の一体もドサッと倒れた。
コツコツ・・・と革靴の足音が近づいてくる。すると暗闇の中から姿を現したのは数々の武装をした美形の男だった。
「危ないところだったな。」
と一言だけ言った後にライフルを背中に背負いなおした。
「あなた・・・一体誰・・・?」
私は聞いた。男は一瞬鼻で笑い、話し始めた。
「俺はレオン。今はこの国のエージェントをやってる。いきなりこんな事態になったからびっくりしたけど武装整えて警察署のサファイアの部屋からここに来たって訳よ。脱出するために。」
サファイアの部屋・・・そういえばドアノブにサファイアが埋まってる部屋あったなぁ・・・じゃあルビーが埋まってたところはルビーの部屋か。
などとそんなことを思いながらあることを思い出した。・・・この警察署の仕組みだ。私はレオンに聞いた。
「この警察署の仕組みはどうなってるの?あのたくさんの部屋はなんなの?」
と聞いた。レオンは冷静にこう言った。
「とりあえず進もう。そうじゃないと手遅れになる。」
そういって私たちは歩き始めた。
「警察署の話だったな。あの警察署は部署別に分かれていて、捜索・市内状況・事件とかいろいろあるんだ。
で部屋は繋がってなくてあのホールだけが移動の手段だって訳。それだけ。」
「なんだ意外と簡単な仕組みだったのね。あ~あ。気にしちゃって損したわ。」
といろいろ雑談をしながら地下を進んでいた。地上では大変なことになっているのも知らずに・・・
Hope2 END
[PR]
# by old-imo | 2009-01-23 20:23

すいません!

すいません!ブログのリンクを書いたつもりだったのですが、どうやら表示されていないようです…。改めてリンクを張ります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mukurou.cocolog-nifty.com/blog/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
[PR]
# by old-imo | 2009-01-22 18:33